筋トレでビジネスエリートになれる!〜本当の理由とその根拠〜

Movere(ムーバー)公式HPトップ

さいたま市浦和区のパーソナルトレーニングジム
Movere(ムーバー)代表パーソナルトレーナーの佐藤択磨です。

筋トレブームは未だ衰えを知りません。

まぁ職業上では嬉しい限りでもあるし、
ライバルが多いのもこれまた事実。

  • ライバルいるからこそ頑張れる
  • 自分もさらに成長していこう
  • 成長したらもっと褒められたくなる

そんな相乗効果が積み重なっていくのが筋トレです。

なぜ成功しているビジネスエリートの大半はトレーニングをしているのか?

そんなことを解説していきます。

ビジネスエリートが身体を鍛える本当の理由

個人的な解釈やレベルでは「目的」や「目標」などの達成思考も鍛えられていくからと考察します。

これらは一流と呼ばれるアスリートでもビジネスマンでも、
なにがなんでも達成する(達成しよう)という人がすべからずいるからです。

筋トレやランニングもすぐには成果は出ません。

だからこそ長期を見据えた自分軸の計画を立て
成長できる人間になっていけるというのが事実ではないでしょうか?

意識が高いから一流になれるのか?
一流になるから意識が高まるのか?

どちらも正解かと感じます。

意識が高いから一流になれるのか?

こちらから解説すると、意識が高いだけではもちろん成功しません。

なぜならそれに伴う努力だったり行動量だったり、これらが積み重ならなければ成長しないからです。

一流になるから意識が高まるのか?

こちらも半分以上の要素を考察すると、
一流の方々と一緒にいることで
基準値が自然と上がる
効果が大きいと実感しています。

ぼくがボクシング日本1位の大学に入学して、
日本1厳しい練習に耐えたからこそ
現在でも大いなる自信を身にまとえてます。

また経営者交流会では何十人もの
億超えから数十億の
経営者と触れ合いましたし、
パーソナルジムのお客様でも一流と
呼ばれるビジネスパーソンが
いまでも通われています。

彼らは立場上もありますが、
上になればなるほど
意識が高まるのは
至極とうぜんのことだと
改めて感じています。

正しい行動量を正しい努力でおこなえているか?

量は質を凌駕します。

というか量からしか質は生まれません。

例えばぼくが今から
東大を真剣に目指すとして、
1日/2時間の勉強を1年間
がんばって受かるでしょうか?

恐らく受からないでしょう。

なぜなら圧倒的に時間の量が足らないからです。

筋トレでは短期と長期の目標や行動量を
科学的に算出することで、
理想の体型や体力を実現します。

思っように筋肉が付かない場合、
重さや回数が足りないかもしれません。

逆にオーバーワークかもしれないし、
なんなら栄養不足だった
ということはよくあります。

上記のような程度問題なり裁量を、
筋トレで磨き続けているビジネスマン。

これらが仕事に汎用性を
もたらすのは簡単だと断言させて頂きます!

けっきょく、
当たり前のことを
バカみたいのちゃんと
やる人が成功しているのです。

気になったら自宅での
腕立て伏せでも良いですから、
自分が現在どのくらいの体力が
あるかをみてみてはいかがでしょうか?

忙しい人ほど時間を詰める

僕の周りの経営者さんをみても、
忙しい人ほどゴルフなり
トライアスロンなりを敢行しています。

なぜ今のビジネスにプラスして
そんなに熱を込められるのかは
一緒にいることで見えてきます。

多忙にもかかわらず、筋トレ以外にも
上記のスポーツの大会に出場したりするには
もちろん時間とお金の余裕がないといけません。

不思議に思えることですが、
筋トレで成功を勝ち得る
ビジネスマンはその時間を
なんとか作れるんですよね。

ぼくからしたら筋トレをしない
人の気持ちが分かりませんが、
成功している人の時間の使い方などは、
成功しているビジネスエリートにしか
分からないことなのかもしれませんね。

上記の全ての事象をこなすには、
自身の体調・健康管理ができていないと実現できません。

余談ですが、ぼくは本年2月に
食あたりで高熱を出してしまいました。

その際に3日間寝込んだときは
仕事がまったく出来ませんでした。
(PCR検査は陰性でしたが、念の為お休み)

そう、、、
最後はけっきょく自分の
健康状態がものを言うんです。

ビジネスマンだってアスリートだって、
パフォーマンスを発揮できないと
自分の存在価値を発揮できません。

パフォーマンスとは

スキル×コンディションのことで、
アスリートスキルが100%あったとしても、
コンディションが0%ですと
パフォーマンスはなんぼ頑張っても0%です。

なので2月末のぼくの
パフォーマンスは
プロとしてあるまじき
コンディションでした。

ここからは具体的に、
僕たちの世界の中で
目的論がどのように
機能しているのかを紹介していきましょう。

筋トレで磨かれるマネジメント能力

ビジネスエリートとまで言いませんが、
会社の上司や幹部には必要不可欠なマネジメント能力。

これらは鍛えようと思っても
なかなかできないから
苦労している人が多いかと思慮します。

先にあげた自分の身体を鍛えあげることで、
目標に向かって何をするべきか?
という長期の計画と
実行を繰り返しますから、
それを日常的に続けることで
ビジネスマンとしての必須スキルも
向上していくということです。

また難しいことは言いませんが、

  • 身体がシュッと引き締まってて
  • スーツもビシッと似合ってて
  • どこか自信に満ち溢れてて
  • ドンと構えて話を聞いてくれる

これだけで仕事ができそうな気がしませんか?


(弊社ジムに通われている弁護士さん)

そう仕事ができるかどうかよりも、
仕事ができそうというのが
実はもっとも重要なんです。

仕事ができそうな人には
良い仕事が回ってきますから、
それをこなしていくだけで
当たり前の基準もとうぜん上がります。

そうすることで他の人より
スキルアップも早いですし、
当然ながら成功していく法則に
近づいていくのがビジネスエリートが
筋トレにハマる理由かと断言していきます。

超2流のアスリート式!自己高揚感の鍛え方

一流アスリートが自信があるのは
まぁ納得というか自然体で良いかと思われます。

でもアスリートでもないのにさも自信満々で
イタイ奴とか思われたくないから、
筋トレにハマっている方々を
どこか嘲笑する傾向がありませんか?

これはメディアで筋トレ好きのお笑い芸人さんが
ネタにしているのが大きな要因かと思われますが、
笑ってる奴らはできんのか?

そんなことを思いながら、
筋トレ好きやトレーナーを
どこか小馬鹿にする人が
いることも否めないです。

ここはゴーイングマイウエイで進み続けていきますね。

ぼくはスポーツで名声を
浴びることはなかったけれど、
2回のボクシング全国優勝経験。

警視庁では警察学校の
体力測定記録を2回塗り替え、
特殊部隊のSATにも選出されたことがあります。
(45,000人中の20人に選ばれました)

でもこれも胃の中の蛙でした。

上には上がいて、
自分の限界を感じ可能性のフタを
してしまっていたのが懐かしいです。

でも自分なりに毎日の
コンディションは気をつけていたし、
自分は常に日本一を目指してはいたのです。

なので思考や行動が超一流と
いっても良いほど努力はしていたのです。

結果が及ばずだったのは、
いまで振り返るとメンタルトレーニングと
栄養の知識が足りなかったのです。

また身体を動かす原理・原則なんかもまったく無知でした。

要は想いはあったんですが、
そこに向かう正しい努力の
仕方を知らなかっただけなんです。

だからこそ自分を
超二流の中の超一流として、
自分が一生懸命におこなってきた
こと肯定していきています。

そうすることで自信に満ち溢れた
日々を過ごせるのですから。

つまり、、、
筋トレしている俺ってサイコー!!

そう自己高揚感を得られるからこそ、
仕事も高揚感を持ちながら取り組むことができるのです。

自信家=自信がないからこそ努力ができる

自信家=ナルシストと
いうようなニュアンスで
捉えれることもありますが、
そういうことではありません。

自分も誰かと自分を比べてしまうし、
『自分は劣っている』
負い目を感じてしまったり
自己嫌悪に陥ったりすることも少なくありません。

ぼくは自信が持てない
自分の心の隙間を埋めたくて、
女性にもモテたくて、
優越感に浸りたくて、
自信を付けようと必死でした。

でもボクシングで
日本1位になっても
そんなモテなかったし
あまり自信も付かなかったです。

まぁ実体験でいうと
自信は付けようと
思って付くのではなく、
日々のトレーニングを
こなすことで自然と付いていくものでしたね。

そしてあるとき周りの
客観的評価により、
「あれ?俺ってできるじゃん」
という自己効力感に包まれるもの。

なので自信がないことって、
努力しない自信家よりも
もっともっと価値あることだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回や内容が日記に近い
状態になってしまいましたが、
これも自粛期間中にブログを
5日連続で書くという自分なりの目標でした。

家にい過ぎて腐っていたし、
体力の衰えが半端ないんですよ。

とにもかくにもここ5日間は
やり切ったと振り返れてます!!

また色々と配信していきますね。

それでは皆さま、今後とも
Movere(ムーバー)パーソナルトレーニングジム
@浦和を、どうぞよろしくお願い致します。


株式会社ワンアップモチベーション
パーソナルトレーニングジムMovere
代表取締役 佐藤 択磨

 

Movere(ムーバー)公式HPトップ

個別の相談はこちらから
※ラインでのやり取りになりますが
気になる点がございましたらお気軽にご質問をお待ちしています。

当店へのご予約・お問い合わせはこちら
LINEでのご相談はこちら
   

【浦和駅西口より徒歩5分】
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目3−4
パークヒルズ高砂604(1階にBARが入ってます)

■受付時間 10:00〜22:00
■定休日…日曜・祝日

クレジットカード使えます

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP
LINEでの相談24時間受付中